建築施工図とAUTO CAD

土木や建築の分野では、設計図を作成する機会が多くあります。設計図は、事前の見積積算をしたり、許認可を取得したりするために、大まかな大きさや外観などを表した図面です。施工段階で細部について詳細に煮詰めたり、変更したりすることが一般的であるため、設計図とは別に、建築施工図や詳細図を作成することとなります。建築施工図は、実際に建築物を施工する段階で、詳細について平面図や立面図、展開図や天井伏図などとして書く図面のことです。この建築施工図を描くためには、専門性の高いソフトを使ってパソコンで作業することが必須となります。

建築施工図を書くためには、さまざまな計算をしながら作業することが求められるため、CADというソフトを使用することになります。CADは図面を書くことに能力を発揮してくれるソフトであり、そのひとつにAUTO CADがあります。建築施工図を書く現場では、大きなシェアと確固たる地位を確立しており、ユーザーの要望に応える高機能のCADとして評価が高いものとなっています。AUTO CADは、アメリカのAutodesk社が開発したCADソフトフェアが有名で、1980年代から設計部門とメインとして世界中に普及し、現在では、欠かすことのできない存在となっています。ただし、そのライセンスはとても高価であるため、設計者全員にライセンスを配付することは難しく、初期投資をして導入した際にも、必要となる定期的なバージョンアップをすることでコスト面で大きな負担となることとなります。当サイトでは、AUTO CADのコスト問題について、解決策などを紹介します。