高額な費用がかかるAUTO CAD

高性能で設計業務の必須アイテムとして認知されているAUTO CADは、人気があるもののコスト面の問題が大きく、その導入に躊躇する事務所が多いのも事実です。設計業務、とりわけ2次元CADのジャンルで圧倒的なシェアを誇るAUTO CADは、設計者であれば誰もが欲しいと思っているソフトです。その導入には、初期投資だけでなく、ライセンスの拡充や定期的なバージョンアップにも多額の費用がかかり、経営を大きく圧迫することにもなりかねません。なかには、バージョンアップせずにそのまま使用しているユーザーも存在しますが、社内での使用に問題がなくても、新しいバージョンで保存されたファイルが古いバージョンのソフトでは開くことができないこともあり、ビジネス上で大きな問題となることが考えられます。

設計現場だけでなく、クライアントとデータ互換のために営業部門においてもAUTO CADを導入するメリットは確かにありますが、保守サポートのコストがかかるため膨大な経費が必要となります。バージョンアップされるために、確かに生産性を向上させるための新機能が追加されていますが、閲覧、印刷を主な目的としてAUTO CADを使用する営業部門でその機能が必要であるかというと疑問が残ります。バージョンアップが必要となるAUTO CADを全ての部門で使用するのではなく、一部に互換ソフトウェアを活用すれば保守サポート費のコスト削減を図ることができます。