AUTO CADの互換ソフトウェア

ライセンスコストの問題を解決するものとして登場したのが互換ソフトウェアです。そのなかには、世界80ヵ国45万ライセンスの導入実績をもつ販売会社も存在しています。多くの設計事務所などでは、役割に応じてAUTO CADと互換ソフトウェアをつい買いわけることで、大幅なコストダウンを実現しています。互換ソフトウェアというと、著作権侵害に不安を抱えることもありますが、国内でも有数の知名度がある企業では、全てが自社開発によるもので、著作権などの問題をクリアしているものとなっています。違法コピーやサポート期限が切れたソフトウェアとは異なり、セキュリティやコンプライアンスの面でも安心できるため、今後さらに普及していくことが考えられます。

Autodesk社のAUTO CADは、常に進化を遂げていますが、使いやすさを求める日本のユーザーのなかには、国内で20年以上の歴史をもつものの方が使い勝手がいいと感じている人も多く、新しいものが常にいいとも限らないという現状もあります。互換ソフトウェアも、独自の進化を図ることで、より使いやすいものが開発されつつあります。今後は、クラウドやモバイルへの対応も期待されるため、互換ソフトでのAuto CADの導入を試してみるのもいいのではないでしょうか。